税理士への道

税理士試験

税についてのスペシャリスト!

税理士

税理士は「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の独占業務を持っている税金・会計業務のスペシャリストです。

独占業務が豊富で個人・法人に限らず必ず関わるのが税務・節税の問題です。どの時代でも常に需要のあるのが税理士なのです。そのため、非常に人気の高い国家資格です。

税理士試験の特徴は、全11科目の試験科目のうち5科目合格すれば税理士試験に合格することができます。

試験科目のうち「簿記論」「財務諸表論」は必須科目なので、必ず勉強しなければなりませんが、他は選択科目となっているので、自分の得意なものを選択する事もが可能になります。

しかも、1科目合格すればその科目は一生有効なので、同時に5科目合格する必要はないのです。

毎年1科目合格して、5年かけてもかまいません。期間は関係なく5科目合格すればよいのがこの試験の特徴なのです。

このサイトは税理士試験の「勉強の方法」「税理士の仕事内容」をわかりやすく解説しています。

税理士になった跡のキャリアプラン

税理士試験に合格した後資格登録するには、実務経験が2年以上必要になります。合格前の実務経験もカウントされますので、会計事務所等で働きながら受験に挑戦することが一般的になります。もちろん、受験生といいましても会計事務所の中では重要な戦力ですので、受験勉強に対する理解は様々なのです。事務所の所長に事前に状況確認しておくことをおすすめします。

税理士は、税務代行、税務書類の作成、税務相談の3つの独占業務を行えることで安定した地位と収入が保障されている仕事です。資格取得後は、数年の経験を得てから独立開業する方が約8割で、平均年収も2,700万円程度ととても魅力のある仕事なのです。また、最近では他の国家資格(公認会計士、法律系)の事務所に所属し、チームで1つの仕事に取り組むこともあります。逆に仲間の税理士同士で事務所を開業してパイプを形成している事務所もあるので、方法はさまざまでしょう。また、独立ではなく企業内に所属して、会社の財務を担当する方や、他資格を組み合わせて、経営コンサルタントなどを行う方も増えています。

pickup

弁当箱販売サイト

遺品整理(東京)

実績ある美大の受験

スワロフスキー・ラインストーン

なたまめ茶の販売